« February 2004 | Main | April 2004 »

根が深かぁ~い話

いやぁ~、参った、参った。
なにが参ったって、江角マキコが国民年金の掛け金を払ってなかったって話じゃん。
まっ、このCMについては、メルマガのコラムの方でもコメントしたことがあったんだけどさぁ、まさかあんだけ高飛車に出てる彼女自身が年金払ってなかったとはねぇ~。
まさに、「事実は小説よりも奇なり」を地で行く展開に、驚くと同時に笑っちゃうよ、まったく。(^^;
大体さぁ、CM作った時に、間違いなく「年金、払ってるかどうか。」を調べなかった社会保険庁も社会保険庁なら、払ってもいないくせに、全国民に向かって、「払えばもらえる!!」なーんて言っちゃってる江角も江角。
本人は、記者会見で「反響の大きさに驚いている。」なんて他人事みたいに言ってたけど、「そりゃぁ~、反響あるだろぉ!」ってテレビに向かってツッコミ入れたのは日本中で俺だけじゃないよな、多分。
しかも、生来の強面(コワモテ)な面体が影響してか、本人が頭下げて一応神妙なコメントをしているのにもかかわらず、これがまた、全然反省しているように見えないんだよな。
もっとも…、
当の江角にしてみれば、「全て会計士に任せていて」本当に知らなかった(そうでなかったら、相当のタマだ!)んだから、あんまり素直に謝る気にもならないのかもしれないけど、事情はどうあれ、やっぱ彼女自身が払ってなかったことに間違いはないんだから、誰が何と言っても、全国民の反発は必至。
そんなわけなので、これで彼女も当面ブラウン管(一部プラズマに液晶)から姿を消すことになりそうな感じなのだ。
まっ、自業自得だから、しょうがないんだけど…、
もし彼女(江角)の話が本当なら、「会計士でさえ支払うメリットを感じない国民年金って一体?」みたいな話にはなりそうだよねー。
やっぱ、俺の結論としては、「年金なんか止めちゃえば」ってことで、落ち着くんだけど、さて、この騒動の落ち着き先はいずこに…?!


| | Comments (0) | TrackBack (0)

ご冥福をお祈りします。

ニュースを見ていて、「アッ!」って声を上げることは滅多にないんだけど、このニュースには思わず声を上げちゃった。
そのニュースと言うのは…、
言わずと知れた、ドリフターズのリーダーの「いかりや長介」氏が亡くなったニュース。
まあ、俺も結構長く生きてきて、最近、「自分が歳だなぁ~」と思うことが多くなってはいたんだけど、このニュース程ショックで歳を感じる話は最近ないよねって感じ。
だって、あの「いかりや長介」が死んじゃったんだよ。
俺なんかバリバリ、毎週土曜日にテレビの前で「オイッス!」とかやってた世代だから、そりゃもうショックでショックで…。
それもガンだって話でしょ。
元気そうに見えていても、やっぱ人間寄る年波には勝てないってことなんだと思わざるを得ないよねー。
今まで有名人の死亡話なんて、事故でもない限り、あんまりピンとこなかったんだけど、自分が子供の頃からリアルタイムで見ていた人が亡くなったとなると、やっぱ衝撃がデカイよ。
彼はドリフ(8時だよ全員集合)が終わった後も、もう誰でも知ってる通り、「踊る大捜査線」なんかですごく渋い役者としての境地を開拓していただけに、彼の演技をもう見られなくなると思うと、これまた凄く残念。
とにもかくにも、「いかりや長介」氏のご冥福をお祈りしたいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

やったね。日本代表。

高橋尚子は残念だったけど…、
こっちは見事にアテネオリンピックへの出場を決めた、サッカー日本代表。
正直、バーレーンに負けた時には、もうだめかと思ったけど、なかなかどうして勝負強いじゃないですか。
特に大久保。
フル代表の時はイマイチだったけど、UAE戦ではいい仕事してくれました。
見てるこっちまで、気合の入るいいプレーだったよ。
そんな彼のおかげもあったのか、日本はまさかの3得点。
これまでの得点力不足が嘘みたいな大勝利でアテネ行きを決めてくれたんだから、まったく大したもんだぁーねぇー。
内容的にもよかったし、あの3トップならオリンピック本番でもやってくれるんじゃないかな?
山本監督のウルウルに、こっちも思わずウルウルきちゃったりしたけど、なんにしても、とにかくよかった。
おめでとさん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

可愛そうなキューちゃん

なかった。
尚子の名前がなかった。
日本中が大注目していた、日本陸連のアテネオリンピック女子マラソン代表選手選考会議。
その会議が終了した直後に発表された女子マラソンの代表選手3人の中に、高橋尚子の名前がなかった。
「なんでぇ~?」
個人的に憎からず思っているどころか、「LOVE」を頭につけてもいいくらい好きな、高橋尚子こと「キューちゃん」のことである。
俺としては、「全然納得のいかない結果だぁ!」と言わざるを得ねぇんだけど…、
テレビで流れた「街の声」なんてもんを聞くと、以外に、高橋落選に「止むを得ず」って声が多くてビックリさせられた。
曰く「人気投票じゃないんだから…。」とか、曰く「選考レースの結果で純粋に選んだ方が透明性があっていいんじゃないか。」とか、曰く、「高橋には緊張感がなかったとか。」、まっ、そんな感じ。
「おいおいマジかよ…。」
繰り返すが、「LOVE:キューちゃん」の俺である。
そんな声には、全然納得できようはずもない。
と、言うのも…、
日本人の多くはすっかり忘れてるみたいだけど、高橋尚子は世界の歴史上で、2番目に早い女性のマラソンランナーなんだぜ。
しかも、日本人女子の陸上選手として、金メダルをとった唯一の女性だって話じゃないの。
どー考えたって、彼女こそ「メダルゲットの可能性がある人」の最右翼のはずでしょうが!?まったく!!
日本陸連は「高橋クンの実績は最大限評価した。」と言ってるけど、「本当に評価したのかよぉ!」と言いたくなるのは、俺だけじゃないと思うぜ。
そりゃ、確かに、選考レースでは2位どまりだったかもしれないし、今年のタイムは月並みなものでしかなかったかもしれない。
その意味では「過去速く走ったからと言って、今も速く走れるとは限らない。」ちゅー見解も分からないではないんだけど…、
でも、そうは言っても、一応失速したレースでも手堅く2位はゲットしたわけだし、彼女が出場したレースのコンディションが悪かったことも確かだろ。
いくら最後の選考レースで土佐がいい走りをしたとは言っても、一度も2時間22分台で走ったことのない選手と高橋尚子を比較するなんて、俺にはナンセンスに思えるんだけどなぁ。
大体、彼女の国民的人気から言っても、多くの国民は出さなきゃ納得しないと思うんだよね。
もし万一、彼女抜きでアテネオリンピックに行ってメダルが取れなかったら、誰も納得しないでしょ。
でも逆なら、一部の人を除けば「まあ、しょうがないか。」と思える。
それは理屈じゃなくて、厳然たる事実だと思うんだけどなぁ。
巨人の4番と言えば「長嶋茂雄」。
バッターとしての実績で言えば、絶対「王貞治」なのに、やっぱ「長嶋茂雄」。
それと同じことで、やっぱアテネオリンピックの女子マラソン代表は誰がなんと言おうと「高橋尚子」だと、俺は思う。
よく、オリンピックで日本人が勝てない理由を、「世界経験のなさから来る勝負弱さ」に求めることがあるけど、その意味から言っても高橋尚子を外す、今回の選考は、論外の話。
-全然話題にもならなかったし、メダルも取れそうにない、男子の枠を一個女子にまわせないもんかなぁ。-
久々に小泉首相と意見の一致を見ることになった話題だけど、ハッピーエンドにはならなかった。
「おーい、小泉!イラクに自衛隊を送ったみたいに、高橋尚子も無理やりアテネに送ってくれねーか?」
って感じ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

青梅に行ってみた。

Img_0985.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Img_0921.jpg
週末連休だったので、久々におでかけ。
青梅市の梅の公園に行ってきたよーン♪
ってことで、写真UPなのだぁ!!V(^^)/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

とても笑っちゃいられない!?

3月11日に配信した、俺のメルマガ「あほのたわごと」では、京都の養鶏場のおっちゃんが鳥インフルエンザを隠していたことを責められてニッチもサッチもいかなくなって自殺した問題を取り上げたんだけど…、
「これを人ごとだって笑っていられる企業がどれくらいあるか?」
って話になると、
「そうはないんじゃねーの。」
と思わせるような事件が11日起きた。
その事件とは…、
三菱扶桑バス・トラック(株)が4年前のトレーラータイヤ脱輪事故の際にその存在が疑われた同社のトレ-ラーの車軸部分の欠陥について、その存在を認めて、近くリコールを実施する旨、記者会見したこと。
「4年前の脱輪事故」って言うのは、北海道で、走行中のトレーラ-のタイヤが外れて、道路を歩いていた母子3人を直撃して死傷させた事件(もう、そんなに経ったか?)なんだけど、この事件が起きた時、当時はまだ三菱自動車工業の一部だった同社は、構造上・設計上の欠陥の存在を全否定。
「事故は運用者の整備不良のために起きた。」
って言い続けたんだけど、結果として、昨日の会見で、それが全部「嘘でした」ってことを認めたことになったのさ。
このニュースを見た時、
「う~ん、なんで今頃???」
って俺なんかは思っちゃったんだけど、どうも三菱では、4年前の事件以外にも多発していた脱輪事故の事故原因を「整備不良だ」と言う一方、「リコール」ではなく「自主回収」という形で、当該部分の修理を無料で行なうということもしていたらしい。
まあ、ぶっちゃけて言えば、脱輪事故全ての責任を問われるのが嫌で、「リコール隠し」をしていたとも言えるんだろうけど、その辺から推察してみるに、いよいよ、「隠しおおすメリット」を、「バレるリスク」の方が上回ったということなのかもしれない。
またあるいは、合併してドイツ人の社長がきたことで、会社が「社会常識」に目覚めたのかもしれないけれど…、
(だとしたら情けない話だ、日本人には常識がないってことになる。)
まっ、いずれにしても、大分前にあって罰金刑まで食らった「リコール隠し」に続き、三菱ブランドにとっては手痛い話だね、こりゃ。
なーんせ、俺の最近の「いい車作ってる自動車メーカーランキング」の中で三菱は第2位にランクインする(ちなみに、1位はマツダね)のにもかかわらず、やっぱり、あのリコール隠しの件が心に引っ掛かって、俺の「絶対に乗りたくない自動車メーカーランキング」でも堂々の第1位になっちゃうくらいなんだから、俺なんかよりもっと安全性重視の人にしてみれば、三菱車って言われるだけで、「乗る気ゼロ」の人も多いんじゃない?
で…、そこへもってきてのこの騒動ってことで、あらためて、「三菱の体質自体はリコール隠しのあの頃となにも変わってないなぁ」と再認識してしまったユーザーも多いはず。
-これでまた一段と業績が冷え込むのは間違いないだろうなぁ~。-
ってことで、現場で一生懸命やってる営業員や整備員にしてみれば、「ご納得の春」にはほど遠い日々が続くことになりそう。
可愛そうに…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

分割金利はこっち持ち~。

最近、よく聞く話と言えば、「顧客情報の流出」。
先日、ヤフーBBで450万人超の大規模流出があったかと思えば、今度はあの「ジャパネットたかた」で80万人規模の流出があったそうで、ニュースじゃあ、それりゃもう大騒ぎ。
まっ、確かに…、
アッチの企業、コッチの企業で、こんだけ顧客情報が流出しまくれば、見ているコッチまでビックリなんだけど、今回の事件で、それ以上に俺がビックリさせられたのは、そのジャパネットの急成長ぶり。
なんせ…、
♪ジャーパネット、ジャーパネットォォ、フウ・フウ♪
って感じで、いつどこの放送局をつけてもやってるでしょ、あのテレビショッピング。
ひでぇー時なんか、同じ時間帯に別々の放送局でそれぞれやってる時もあるくらいなんだから、「相当儲かってるんだな」とは思っていたけど…、
年商600億超、通販業界大手だとは知りませんでしたよ、まったく。
そんなジャパネットも、80年代初頭は、年商600万円の小さな電気店だったんだって。
今じゃ全然信じられねぇよなぁ。
たった20年で、年商が1万倍になって(おいおい、計算合ってるよな…。)、おまけに「通販業界大手の」なんて枕詞がつくようになっちゃったんだから、あの社長、ただのベガ好き、カラオケ好きじゃありませんなぁーって感じ。
ここまでに成るからには、運も味方したんだろうとは言え、本人自身も、きっと、寝る間も惜しんで一生懸命仕事してたんでしょう。
まったく、頭の下がる話です。
確かに、顧客情報の流出って言うのは悪い話ではあるんだけど…、
ここまで順調に来たんだし、あれだけテレビに出まくってればロクに休む暇もないであろう社長には、是非とも、今回の一件の責任をとっての「テレビショッピングの一時自粛」って措置も、「いい休暇だ」と割り切ってゆっくりしてもらいたいもんだ。
なにしろ、顧客情報なんて全て守りきるのは困難なんだし、今回流出したのは86年当時のかなり古いもの。
「そこまで責任持て」と言うのもキツイ話だし、だいたい、卒業名簿から会社や学校の名簿にいたるまで、今や売られていない名簿はないくらいなんだから、実害はほとんどないんじゃないのかなぁ?
唯一これで実害を受ける第三者がいるとしたら、それはジャパネットの番組には欠かせない二流芸能人、とりわけ、「ダチョウ倶楽部」ぐらいなんじゃないの!?ってことで、番組自粛による損害は数十億円規模別になるそうだけど、ジャパネットが無事に復活してくれることを願う俺なのであった。
なんでかって?
だって、深夜見るものがない時に着けっ放しておくには、ちょうどいい番組なんだもん、アレ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ヒステリック、のち、ブルー?

「若者に人気のバンド。」
なーんて、紹介のされ方をしていたけど、「あんまり印象ねぇよな」って言うのが、今日のニュースで引っ張りだこだった、
「ヒステリック・ブルー」。
確かに名前は聞いたことあんだけど、「じゃあ、なにか一曲歌って?」と言われると困るぐらいのバンドだなぁ、と、まあ、俺の認識なんかはそんなもんだったんだけど…、
ニュースによると発売したCDが25枚だかで、CDの総売上枚数は250万枚も上るんだそうな。
-う~ん、そんなに人気者だったとは…。-
「己の不覚を反省する俺」って感じなんだけど、その「ヒステリック・ブルー」がなんで今日のニュースで引っ張りだこだったかと言うと…、
それは、そのリーダーって奴が婦女暴行だか強制わいせつだかの罪で、警察にパクられたからなんだな、これが。
犯行の状況としては、
-買い物してる女に目をつけて、アパートまで尾行、廊下でわいせつな行為に及ぶ。-
てな感じだったらしいんだけど、そんな典型的なオタクの手口からは、人気バンドのリーダーとしてのオーラーや面影は全然感じられねぇ上に、その地域では、同様の手口での犯行が10件近くあって、本人も「他にも数件やった」って言っているらしいので、かなりの確立で、コイツ、常習犯。
そんなわけなので…、
多分裁判では執行猶予がつくでしょうが、「かなり重度の変態さん」であることを世間に知らしめてしまった彼(ついでに彼ら)の復帰の線は「ハイ、消えたぁ!」って感じなのだぁ。
う~ん、勿体無い!?
「人気バンドのメンバー(男)」と言えば、基本的に
-金持ってる、女にもてる。-
もんだと俺なんかは思ってたんだけど、ニュースに映ってた彼のごみ捨ての光景なんかも見るにつけて、どうやら「教祖様」とは違って、あんまり金は持ってないみたい。
(もっとも、住んでるとこは田園調布なんだけど…。)
でも、女にモテないわけはないんだから…、
「せめて自分のファンで満足しておけばなぁ。」
と思うのはオイラだけでじゃないと思うゾ。
(まあ、その前に自分のカミさんで満足しとけぇ、って話もあるが…。)
折りしも、ドリカムはなかなかいい新曲を出したけど…、
その元メンバーにしても、その他大勢にしても、なんでこうバンドのメンバーって奴は、売れた後ちょこっと暇ができると、仲間のことも思いやらずに、こう極端なことをしちゃうんだろうか?
不思議でしょうがないよ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

お騒がせ嫁入り。

聞くところによると…、
女優の水野真紀が結婚したらしい。
しかも、相手は政治家で苗字は後藤田。
-あの「かみそり後藤田」のお身内かい?-
って感じだけど、どっちにしても女優の結婚としては異例の相手としか言い様がない。
ま、俺自身は特にファンってわけでもなんでもなくて、
「綺麗なお姉さんは好きですか?」
ってCMをヨダレたらして見ていた以外、特にこれと言った印象もないからいいんだけど、ファンにしてりゃショックだよな~、きっと。
(俺としてはむしろ、水野真紀よりも水野美紀の方が気になるし、好きだ!)
あっ、そう言えば…、
「ファンしてみりゃショック!」って話で言えば、こっちも最近結婚を発表した女優で若村真由美も、凄ぇショックがあったっけ。
水野真紀と違って、こっちは俺も御家人斬九郎の時からファンで、「いやぁ~美人だなぁ~。」とか思っていただけにショックショック大ショック!
しかも、相手は…、
頭の後ろが二重アゴ(?)になってる「超」のつくデブでハゲで、おまけに年寄り。
どっからどーみても釣り合わない組みあわせなんだから、余計なお世話だとは重々知りながらも、こっちとしては心中穏やかじゃない。
その心情を例えて言うなら、デキの悪いアダルトビデオ見てるみたいな感じで、とにかく、なんでこんな可愛い娘がぁ、キモい、グロい、胡散臭い、って感じなのさ。
しかもしかも、そのデブハゲジイ(ひでぇ言い様だ)は某宗教団体の教祖なんだそうな。
妖しさ益々パワーアップ!!
脂ぎった爺様の前で、和服の裾を乱しながらイヤイヤしている若村真由美を想像しただけで、大興奮!!!じゃなかった、幻滅してしまったファンも少なからずいるんじゃないのかなぁ~と、自身そうな俺なんかは思うぞ。
あの桜田淳子の例を見るまでもなく、ただでさえ、宗教がらみの結婚っていうのは女優としては致命傷にもなりかねない事態なのに、プラス相手があれじゃあ、ちょっと今後の活躍は難しそう。
しかもこの教祖って人は、若村真由美との不倫が伝えられていた渡辺謙に4億以上のお金を貸してて、しかも、渡辺謙の奥さんが、その宗教団体の信者なんだとか…。
う~ん、ますますドロドロ。
一体何がどうなっているのか全くもってわからん!状態なんだけど、一つ確かなことは「宗教団体の教祖は儲かる上にモテる!」ってこと。
まったくもってうらやましぃぃぃぃ~ってことで、俺も目指すぜ、宗教団体の教祖!
ちゅーことで…、
「セキセイインコ神仙の会」ただ今会員募集中で~す。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

年甲斐のない話

まっ、どうでもいい話と言えば、どうでもいい話なんだけど…、
宮崎で車が電気屋に突っ込んだらしい。
で、その理由っていうのが面白くって、普通だったら、
「アクセルとブレーキを踏み間違えたから。」
とかってことになるんだろうけど、この事件の場合、
「テレビ修理をめぐるトラブルで腹が立ち(店員を)殺そうと思った。」
って話なんだから、笑っちゃうよね。
つまり頭にきたから、車を突っ込ませたってわけなのさ。
しかも、容疑者は70歳。
「おいおい…。普通それだけ歳とってたら、もう少し分別ってもんがあってもいいんじゃないんかい?」
とか思っちゃうのは俺だけなんかね。
最近思うんだけど…、
昔は人間って、歳をとるとそれにつれて自然と上等になるもんだと思ってたんだけど、どうも最近のニュースの流れや俺自身のことを振り返ってみてみても、そういうことってないみたいだね。
「老いて益々盛ん。」
っていうのは決して悪いことじゃないんだろうけど、こんな形で発揮されるのは迷惑至極。
本人的に言っても、刑法上、殺人未遂に傷害、器物損壊ちゅーことで、実刑はほぼ確定的。
いくら血気盛んだって言ったって、本人だってこの歳で刑務所は嫌だと思うんだけどなぁ~。
せめて、夜、石を投げて窓ガラスを割るぐらいで我慢できなかったのかねぇ?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2004 | Main | April 2004 »