« June 2004 | Main | August 2004 »

「山車」と書いて「ダシ」と読む

多分、日曜日のことだったと思うんだけど…、
帰宅してニュースを見てたら、「祭りの山車から小学生の子供が落っこちて重態!」みたいなニュースをやっていた。
しかも、ただ単に足を滑らして落ちたとか、山車が傾いたから落ちたとかいう話ではなくて、電線に引っ掛かって落っこちたんだそうな。
う~ん。
この手のネタはワーナーブラザーズのタイニートゥーンあたりでは、すっかりお馴染みなモンだけど、まさかリアルワールドで実際起きるとは…。
もちろん、アニメのように電線に引っ掛かったまま洗濯機よろしく何回転もしたわけではないんだろうけど、この話を聞けば、
-コヨーテやシルベスターもさぞかしビックリすることだろうなぁー。-
とか思っていたのもつかの間、「この祭りでは、過去何十年間に渡って、子供が山車の上に乗って電線に山車が引っ掛からないように棒で電線を上げる係りをしていた」って聞いて、俺の方が先にビックリ!!しちまった。
だってそうだろ。
命綱なしで山車の上に乗るだけでも危ないのに、電線を上に持ち上げるだなんて…。
一歩間違えば感電死は免れない状況ジャ~ァン。
そもそも、電線に山車が当たるなら山車の高さを低くすればいいのに、その上に子供を乗っけて電線を上に持ち上げさせようなんて考えること自体、
-頭がおかしいか幼児虐待が風土として根付いているのかのどちらかなんじゃないの!-
と俺には思えてならないねー。
こんなことやってたのに、よくこれまで何十年間も事故がなかったもんだと、別の意味で感心しちゃった。
ってことで…、
回転ドアに子供が挟まれたぐらいで大騒ぎして「安全基準の策定」に奔走していた国土交通省のみなさ~ん。
山車も一応車なんだし、こっちの方にも安全基準が必要なんじゃないですかぁ~?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

熱いってどこが?

今日は久しぶりに休みぃ~。
日曜休みとは、あなお珍しい。
しかも、今週と言うか先週と言うかの休みは上司の突然のカミングアウト(?)によって事実上休みがなかった俺にとって、今日は久しぶりの休み。
と、いうわけで…、
一日中、テレビを見ながらゴロゴロ、グーグー、時折、ムシャムシャ。
で、そんな実りのない一日の中でも、雑学だけは増えていくようで…、
今日の「アッコにおまかせ」を見ていたら、これまで謎だった入浴剤(詳しくは↓)の名前が判明!
草津ハップとかなんとか(ってもう忘れたのかよ)ってモンだったらしいんだけど、なーんとこの白骨温泉公認の入浴剤は現在販売中止中なんだとか。
可愛そうに、別にこの入浴剤が悪いわけじゃないのにねぇー。
そう言えば…、
同じ番組内では、「今、31歳が熱い!」って特集もやってた。
冬ソナのぺ・ヨンジュン(だっけ?)とか、正統派異端系、中村獅童とか、どーみても31歳より老けて見えるライブドアの社長とか、萬屋吉之亮とか、まっ、そんな感じ。
もっとも、単純に31歳って言ったって、大勢居るんだから探せばそれなりに見つかるんだろうけど、なかなか粒揃いな感じはするよな。
俺も、つい最近31歳の仲間入りをしたところなんだけど…、
ぶっちゃけ、「熱い!」って言われたって、寝苦しいだけだったりする。
せめて外見だけは20代でいたいとは思うけど、日曜の休みにゴロゴロしているようじゃあ、俺の人生もまだまだ氷河期って感じだよなぁ~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

トリビアの温泉

そのニュースを最初に聞いたのは、地方局のニュースでだったので、第一報を聞いた時には、はっきり言って「ローカルネタだよなぁー。やっぱ田舎は平和だよなぁー(新潟除く)」とか思っていたら、これがこれがなかなかどうして、全国版のニュースでも取り上げられる大騒ぎになってるんだから、ビックリしちゃたよ。
いったい何の話か?って??
そりゃもちろんアータ、我が郷土が誇る(ってウチからは大分離れてるけどね)白骨温泉に、こともあろうに入浴剤が入っていました!って話ですよ。
俺自身は行ったことないんだけど、ここの温泉はお湯が乳白色をしていることで有名らしいんだな。
んでもって、源泉を新しくしたからなのか何なのか?ここのお湯が最近、白くなくなっちゃって、地元の旅館組合はそりゃもう大騒ぎ。
乳白色のお湯だからこそ、観光客もわんさと来ている(かどうかはわからないけど)のに、このまま普通の温泉になっちゃったら、「商売あがったりだぜぇぃ。」とばかり、旅館組合で経営している共同浴場に入浴剤を入れて色を白くしたと言うのがこの事件のあらましなんだけど、これを聞いて、
-こんなアホみたいな話、一体誰が考えついたんだ?-
と思うより速く、俺が感じたのは、
-どーしてそれがわかったんだよ、オイ!?-
ってこと。
と、言うのも…、
この事件が発覚したのは、「観光客からの指摘」によるんだそうな。
でもさ、まさか白骨温泉に「登別カルルスの素」(だっけ?)を入れたわけじゃあるまいし、そんなにあから様にバレないと思うんだよねぇー。
実際、地元の連中なんか、毎日ってくらい見てるんだろうから、ちょっとやそっとでバレるような細工で満足するとも思えない。
なら、これを見破った奴は相当な温泉通だってことだ。
そう言えば、テレビ東京系で放送されている「TVチャンピオン」でも確か「温泉通選手権」みたいなことをやってたと思うんだけど、その中でも、お湯の臭いやらお湯の味で全国各地の温泉を当てるみたいな、信じられないくらいディープで空虚な問題があったもんなぁー。
そこまでできる奴なら、入浴剤の混入も見破れるかも…。
でもさ、あの「TVチャンピオン」を見ていると、ホント、世の中にはくだらないことに情熱を傾けて生きている人間が多いんだなぁーと感心させられるよ。
考えてみれば、温泉飲んでその温泉名を当てられたからって、別に何かに役に立つとも思えないだけど、でも、あの番組を見ていると「そんなどーでもいいことでも命かけてやると人を感動させられるんだよ。」ってことを教えられているようで、妙に感動しちゃう。
まっ、世の中無駄な知識だらけということで…、
な-んか最終的には、世の中何気に「トリビア」だらけなんだなぁー(?)とか思ったところで今日の話題は終了。
「???」
でも白骨温泉で混ぜた入浴剤って一体なんだったんだ?!
誰か教えてケロー!!


| | Comments (0) | TrackBack (0)

やっぱ誠実さが大事!?

いやぁー、世間は景気回復でボーナスも過去最高水準だそうだけど…。
そんなのウチの会社にしてみれば、「一体どこの国の話だよぉ!?」って感じ。
手取りもいよいよ○○万円を切って、もう「自己破産しかないか?!」って思ったりもするわけだけど、俺なんかまだ独身だからマシな方。
これで子持ちとか家持とかだったら、「マジで暮らして行けませんぜ。」ってことになりそうで、ホント「みんなよくやってるよなぁー。」と思っちゃう。
で…、
こういう展開になってくると、俄然期待するのが、サマージャンボ宝くじ。
「マジ3億あれば引退してあとは優雅な生活が送れそうだゼ!」なーんて思ってたら、朝のニュースでは「バカラ賭博で梅宮アンナの元ダンナに逮捕状」のニュース。
なんでもこのアンナの元ダンナの経営していたカジノは超人気店だったそうで、バカラ賭博で一日16億円を稼ぎ、開店から二ヶ月でなんと!26億円の利益を上げていたんだそうな。
「すげぇー!!」
3億で引退なんて言ってる俺とは、根本的にスケールが違うよなぁ。
もちろん、非合法の店だし、客の紹介ルートなんかも含めて、その利益の全てが彼のものになるわけじゃなく、ちゃーんと○暴の方々にも挨拶料は入っているんだろうけど、それにしても、数億円の金がアンナの元ダンナの手元に流れたのは、ほぼ確実。
これだけの金を33歳で手に入れるなんてホント大したもんだよ。
犯罪者になるのは頂けないけど、さすがは自称青年実業家志望。
その商才は買いって感じ。
そう言う意味では、アンナには男を見る目があるってことになるんだろうけど…、
結局、慰謝料ゼロで別れちゃったんだから、なーんか中途半端だよなぁー。
俺ほど金に困っていないことは確実な彼女も、短気を起こさず結婚し続けていたら、「今頃慰謝料ガッポでウハウハだったのになぁ~。」と、ちょっと残念がってたりして…???
最後に、この元ダンナに関する、梅宮パパの人物評を一つ。
「うわついたところがなく、誠実な男。」
う~ん、犯罪者にも「誠実さ」が大事ってことですかぁ?
まっ、とにかく…、
ライブドアの社長にしろ、アンナの元ダンナにしろ、俺と大して歳が違わないのに、ホント大したもんだよ。
金儲けだけが人生を幸せにする道じゃあないとは思うけど…、
俺もなんか考えなくちゃなぁー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2004 | Main | August 2004 »