« ボーナスで、ムカツク!! | Main | 歳の瀬だってさ »

それは逆なんじゃない!

奈良の女の子が殺されちゃった事件に関連して、今日新たな動きがあった。
なんでも、女の子の母親宛に、
「今度は妹をもらう。」
なーんて、妹の誘拐を予告したメールが入ったらしい。
そのニュースを聞いた瞬間は、
-そんなのよくあるイタズラなんじゃねぇーの?-
と思った俺だったが、詳細を聞くと、そのメールを送信した携帯電話ってーのが、殺された女の子が持っていた携帯電話だったんだと。
-なるほど、これは確かに単なるイタズラじゃなさそうだな。-
というのは、俺ならずとも誰もが気づきそうなトコ。
でも、ここから先は、随分と見解が分かれるようだ。
と、言うのも…、
-なんで今頃、犯人はそんなメ-ルを送る気になったのか?-
ちゅー疑問に対して、某テレビ局のニュースでコメントしていた犯罪心理学者が、
「最近、この事件に関するニュースが流れなくなったので、(この事件に)再び関心を集めるためでしょう。」
なーんて言っているのを、聞いちまったからだ。
-なるほど、そんな考え方もあるのか。-
と些か関心しないでもないけど、まっ、個人的な感想を言わせてもらえば、
-う~ん、さすがは犯罪心理学者。毒にも薬にもならねえこと言いやがって。-
って感じ。
だってそうでしょう?
犯罪者が注目を浴びたい時に行う犯行予告って~のはね、大抵はマスコミに送りつけられるものなんだよ。
その方がハデだし、すぐニュースになるし、なにより、自分で発表する内容をコントロールできる。
今回のメールなんて、警察が報道管制を敷いちまえば、そもそも表に出ないんだから、それが何かのアピールとは考え難いってーのが、俺の考え方だ。
しかも、当の携帯電話でメールを送るだけでは飽き足らず、同じ場所で電話やウェブまで使ってたらしい。
メール送信がアピール目的の行為だとしたら、これは明らかにおかしいだろう。
で、ここまで言うと、
「じゃあ、お前は一体どう思うんだよ?」
と言う人もいるだろうから、俺の見解を書いておくと、これはやっぱりアレだね。
これは身辺に捜査の手が迫ってきたことに対する、犯人のカムフラージュだ、と俺なんかは思うわけさ。
もちろん、完璧に警察をおちょくってて、ホントに挑戦状的な意味で送った可能性もないではないと思うんだけど…、
それよりは、こっちの可能性の方が高いだろうと俺は推測する。
なぜなら、明らかに今まで犯人が携帯を使っていたと言われているトコとは違う地域で使われてるから。
思うに、最初のメール発信位置を、あれ程正確に突き止められるとは、犯人は思ってなかったんじゃないかな?
つまり、初犯であった前回の犯行では、チョンボしちゃったんじゃないか?ってこと。
で、不用意な場所で携帯を使うというドジのおかげで、結果、捜査の手が身辺にまで伸びてきちゃった。
そりゃ犯人は思うさ。
「ヤバイ。」って。
ひょっとしたら、自分の家に警察が聞き込みにくらいは来たのかもしれない。
だから…、
犯人は今更ながら、すっとんきょうな場所で携帯を使った。
そうすれば、捜査の目を、一時的にしろ、自分の住んでいる場所からは逸らせるからね。
この説明だと、メール送信と同時に電話やウェブを使ったのも、納得がいく。
いかにも、
「しくじったぁ!」
って感じにしておかなかったら、警察だって食いつかないもん。
そんなわけで、俺自身の見解は犯罪学者とは真逆なんだな。
もっとも…、
この時期になると必ず思い出す、未だ解決されていない「世田谷の一家殺害事件」の例を見るまでもなく、まるっきし捜査能力が落ちた警察に対する犯人の不敵な挑戦だと言う線も、あながち捨て切れないことの方が悲しかったりするんだけど…。
捜査の中身がどうなっているか、もちろん、俺なんぞが知る由もないんだけど、警察にはせいぜい頑張ってもらわないとねぇー。

|

« ボーナスで、ムカツク!! | Main | 歳の瀬だってさ »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference それは逆なんじゃない!:

« ボーナスで、ムカツク!! | Main | 歳の瀬だってさ »