« ホントに同い年? | Main | 太ったジャッキーチェンだね。 »

厳重注意や訓戒ぐらいで済ませるなよぉ!!

最近何かと話題の社会保険庁。
一部には解体論も噴きだしているこの組織に、またまた不祥事発覚ぅ!
以前から問題になっていた、制度概要を記したハンドブックの執筆に絡み、同庁職員が多額の「監修料」をもらっていた問題に絡んで、問題の発覚後、同庁が発表した内部調査の結果、
「一部の職員がやったことで、庁として組織的に関与した事実は無い。」
と公表したことがあったんだけど、これが実は真っ赤なウソだったことが発覚したのだぁ!!
でもまあ、こう言っちゃあ何だけど、国民世論はもとより、ほとんど同じ穴のムジナといってもいい国会議員からでさえ、批判を受けている社会保険庁のこと。
今更この程度のウソが発覚したからといって、別段驚くこともないんだけど…、
俺がそれでも「おいおい!」と思ったのは、この「ウソ」をついた当の連中の処分があまりにも軽微だったからに他ならない。
う~ん、国家公務員にとって「厳重注意」とか「訓戒」って処分がどの程度の重みを持っているものなのか、俺には全然わからないんだけど、要は「コラッ!」ってことでしょう。
給料が減ることもなければ、遠くの町へ人事異動ってわけでもないんだったら、今回の「ウソ」報告の事後処理としては、極めて軽微、
「ちょろいもちょろいぜぇー。」
と思うのは決して俺だけじゃないはずだよなぁ。
だって、考えてもみてよ。
どういう調査をしたのかは不明ながら、調査責任者のズサンな調査&調査対象者の嘘のおかげで、お金の出しどころである国民に「ウソ」を発表した挙句、この「ウソ」の調査結果によって社会保険庁の信用は大失墜パート2なんだぜ。
これが民間企業なら、良くて左遷。
悪ければ、懲戒あるいは諭旨解雇で、更に悪ければ業務上背任や横領・詐欺で刑事告訴だってされかねない大惨事なはずなのに…、
「コラッ!」で終わりなんだから、本当にチョロイ話だよな。
挙句、組織ぐるみというならば、その首謀者や責任者を血祭りに上げてしかるべきところを、そんな黒幕の正体には一言も言及せずの調査担当者への懲罰でことを終わりにしようとしているその態度自体が、もはや、
「たいした処分にはしないから余計なことはしゃべるなよ。」
という社会保険庁上層部からの社会保険庁職員、そして国民全体へのメッセージである以上、もはやこの役所なんていつ潰したっていいんじゃない?ってーのが俺の御意見。
大体…、
法律や制度を制定することが仕事の社会保険庁の人間が、その法律や制度の内容を解説したガイドブックの監修なんてことをして金をもらうこと自体、立派な公務員法違反なわけで、ならば、その金は立派な不法利得。
しかも、その金額が、通常の本の監修料とは比較にはならないくらい法外(6億だってさ)な額だった上に、その金は、社会保険庁の宴会やら何やらに使われていたってーんだから、こりゃもう、横領にも等しい背任行為なわけで、これを黙って見過ごしてる総務省や総理の良識も疑いたくなる…っていうか、もう完全に疑ってますよぉ、って感じ。
じきに国会が開会するわけだけど、この問題について政治家連中は追求するんだろうか?
しないんだろうなぁー。
民間企業の社員への締付けはキツクなる一方なのに、ホント、進む道間違えたよ。
ねぇ~?


|

« ホントに同い年? | Main | 太ったジャッキーチェンだね。 »

Comments

Howdy! This post couldn't be written any better! Reading through this article reminds me of my previous roommate! He always kept preaching about this. I will forward this information to him. Fairly certain he will have a great read. Thank you for sharing!

Posted by: Http://Ecelllocator.Com | 2013.09.19 06:43 PM

Hello there, I discovered your blog by means of Google even as searching for a similar matter, your website got here up, it looks great. I've bookmarked it in my google bookmarks. Hello there, simply changed into aware of your weblog through Google, and found that it's truly informative. I am going to be careful for brussels. I'll be grateful for those who continue this in future. A lot of people can be benefited out of your writing. Cheers!

Posted by: en.wikipedia.org | 2014.10.16 04:38 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 厳重注意や訓戒ぐらいで済ませるなよぉ!!:

« ホントに同い年? | Main | 太ったジャッキーチェンだね。 »